スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by potely  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

たばこ屋さんは儲けてるのか?

何気に「たばこ」という単語でググってみたら、「たばこ屋がつぶれない理由」という動画がヒットしました。
確かにそういやなんでだろと覗いてみたら、ふむふむなるほど。

要点だけ述べると、

たばこ販売免許を取得してたばこ屋を開業すると周辺地域(この動画例では半径100m)で他の人が免許取得できなくなる(地域独占できる)
ただし、店頭販売はほとんどないに等しく、実際は自動販売機で儲けてる
自販機は店頭のものだけではなく、販売許可地域内のレストラン等タバコ自販機を置きたいところのものを一手に引き受けることができる
よって相当な台数の取り扱いが可能(この動画例では60台)となる

年間売り上げは約1億円、利益率は10%だそうで、つまり儲けは1千万円

ということですね。

結構いい商売に思えます。
ただし、自販機へのタバコの補充を60台分毎日しなければなりません。面倒といや面倒ですね。この動画例の場合深夜作業だし。

では補充が面倒なのでこのためにバイトをやとったとします。
費用は年間200万円で十分でしょう、となるとこれを差し引いた儲けは800万円。
サラリーマンでいうと管理職級ですねぇ。


しかーし、落とし穴はありまして、自販機は一台70万円で買取だそうです。
なので60台所有ということは設備投資だけで4千2百万円ですね。
早期回収したいなら人を雇ってる余裕はありません!!

その前にそんなにお金あるのか、もしくは借りることができるのかが問題です。
4千万円持ってればね?、簡単に言うと毎年8百万円の利子がつくということですから、やめられまへんな?。
お金はとかくあるところに集まる世の中ですよね?。いやはや...

ま、庶民にはうまい話がなかなかないってことですね。



スポンサーサイト
by potely  at 12:31 |  未分類 |  comment (7)  |  trackback (0)  |  page top ↑
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

potely

Author:potely
嫁さんの好きなモノクロブーです。
最初馬鹿にしてたら、いつのまにか自分もお気に入りになってしまってました。
でも車には乗せない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。