スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by potely  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

木枯らし紋次郎

どーこかでーだーれかがー♪
きっと待っていてーくれるー♪
(by 誰かが風の中で)

朝の再放送で古いほうの紋次郎(中村敦夫さんの方)やってて、GW中にたまたま見ることができました。
「あっしにはかかわりのねえこって」
「ひとはひと、あっしはあっしと思って生きておりやすんで」
とかのクールな台詞が有名でしたが、偶然見た回で別の名言発見!!

その回の筋は以下のとおりです。
若い頃に縁あった浪人の娘の話を聞きつけて、ひと目その達者を見届けようとやってきた宿場町でその子(おしの)と再会を果たす。実はおしのは身売りされて女郎になっていた。
おしのは最初紋次郎にその子は死んだと言って素性を隠し、おしのの思い出話として紋次郎と会話を交わす。
いろいろあった後、紋次郎との別れ際におしのは正体を明かして、「紋次郎さん、あんたの知ってるおしのの綺麗な思い出だけを持って行っておくれよ」と悲しい台詞。
そんなおしのの切ない願いに対して紋次郎が残した言葉、

「おしのさん...
おめぇさんの事は思い出しもしねぇが、忘れもしやせん」

んー、カッコよすぎる。しびれました。酔っぱらったりしたら意味もなく使いそう(笑)
「こけたらたちなはれ」以来のテクニカルHITです!!(笑)

今はドラマあまり観ませんが、いいセリフって出てるんですかねぇ。どうなんだろか...

きっーとーおーまえはー♪
かーぜーのなかーでー待ってーいるー♪
(by 誰かが風の中で)
スポンサーサイト
by potely  at 18:04 |  未分類 |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

potely

Author:potely
嫁さんの好きなモノクロブーです。
最初馬鹿にしてたら、いつのまにか自分もお気に入りになってしまってました。
でも車には乗せない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。