スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by potely  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

39日目

wwpowerさんとのやりとりで自分のなかの四国熱が再燃しました。とともにネタ切れ対策のためしばらくは自分の旅の遍歴でもお話させていただこうかと思ってます。突然の展開恐れ入ります。

よくあるようにダイエットにはいきません。ええそうですあまのじゃくです空気読まないやつですなんとでも言ってください。
といいつつしれっと体脂肪率が?とか言ってたりする可能性大なので、そんときはあきれてやってください。

で、まずは四国編。
2/3(36日目)のコメントと重複するところが結構あります。あしからずご了承ください。
長いっす。忙しい方は最後の一文だけご覧下さい。

私の人生初といっていい旅行が四国でした。なぜ四国だったのかといいますと、なんか行きたかったから。
特にうどんだの、うず潮だの、闘牛だのといったことに興味があってというわけではありませんでした。っていうよりそんなこと知りませんでした。入学することが目的だったアホなミーハー学生だったのでねぇ。本当世間とか、礼儀とか知りませんでした。「いまどきの若いもんは」なんて言えません。
強いて言えば四万十川見てみたかったというのはあるかな。きれいな水の川とか海見るの好きなんです。祖谷渓もきれいだったな。

まず横浜?琴平(金毘羅さんのある駅)間を青春18きっぷの普通電車乗り継ぎで約17時間かけて移動しました。
まずは深夜の電車だったので、平日だし当然空いてんだろと思ったらどっこい旅の若者たちぞろぞろで立ち状態。このまま岐阜までかよとしょっぱなからブルーになったのをよく覚えてます。
でも小田原あたりで座れたかな。当時の私は20歳くらいでしたが、4人掛けボックス席に4人で一晩中座ってるのは若くてもきつかったですね。眠れない眠れない。

大垣駅が最初の電車の終点でしたけど、着いてみてびっくり。旅のつわものたちが次の電車の席目がけて到着するなり猛ダッシュです。中には電車がとまらないうちに窓から飛び出すフライング野郎もいました。もともと田舎者でスピードについていけない私は茫然でした。

その後神戸辺りのラッシュアワーの電車の中で押し合いへしあいの無言の企業戦士達を尻目に能天気に朝食のおにぎり食べたり、初めて聞く生の関西圏の言葉に驚愕したり、できたばかりの瀬戸大橋渡るのにわくわくしたりしながら琴平に着きました。
改札のお兄さんに「横浜から!よく来たねえ」と声かけてもらってすごくうれしかったです。いいとこ来たなあと。
とここまで。最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました。お疲れ様でございます。

あ、禁煙は順調です。禁断症状のぶり返しもおさまりました。
スポンサーサイト
by potely  at 12:40 |  未分類 |  comment (15)  |  trackback (0)  |  page top ↑
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

potely

Author:potely
嫁さんの好きなモノクロブーです。
最初馬鹿にしてたら、いつのまにか自分もお気に入りになってしまってました。
でも車には乗せない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。