スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by potely  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

42日目 祖谷渓

一日飛びました。池田の続きです。大歩危小歩危といえば祖谷渓です。
四万十川もきれいですけど、祖谷渓谷もきれいでしたよ。川の水の色がものすごく緑なんですよね。きれいで深い川は緑に見えますけど、ここはとくに色が深かったです。いまもそうなのかな。そうであってほしいですね。

目的地はかずら橋の停留所まででしたけど、そこに至るまでの道の刺激的なこと。
観光バスのルートとは思えないほど道の端ぎりぎりまで使って走って行くんですよね。
慣れてない人は悲鳴上げますよあれ。私の時は平日ということもあってか地元の方ばかりでしたので、みなさん平然としてましたけど。

今は改善されてるのかな。あれはあれでよかったんですけど、20年以上経っているので、まさかあのままじゃないと思います。あ、その後10年ほど前再度訪れてるんですが、怖いとは思わなかったのでよくなってたのかな。慣れかな?

かずら橋ついてからは、高所恐怖症のためその有名な橋の様子をじっくり味わうことなくそそくさとクリアして、お金ないので特産物屋さんとかには目もくれず一目散に川のほとりへ。ただそこでぼっとしてるだけ。変なやつですね。
でもきれいでしたよ。人気のないところ行って思わず泳ごうかと思ったくらい。

あと、そこの温泉結構有名だったんですね。当時はまったく温泉に興味がなくて、近くにも寄らずに帰ってしまいました。
「さあ、次はいよいよかずら橋に向かいます」と振っておいてこんな内容でした。すんません。
さあ、つぎはいよいよ足摺岬に向かいます(懲りてません)。
スポンサーサイト
by potely  at 20:30 |  未分類 |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

41日目 琴平

あのー。琴平ついたらいきなり阿波池田に行ってました。
琴平ついてからのこともせっかく下書きにしておいたのにすっ飛ばしました。
もったいないんで前後しますが、琴平編です。かずら橋いきません。面目ない。
一週間くらいしたらこそっと前後修正してるかもしれません。覚えてれば。

17時間電車に乗り詰めで夕方琴平について、なんとその足で金毘羅さん登りました。しかもそんなにつらくなかったです。今の自分では考えられない...
中腹あたりで見た讃岐富士がきれいでした。

降りてからさっそく夕飯。もうどこだか覚えてませんが、適当に入った定食屋さんで、しょうが焼き定食食べました。生涯最高のうまさでした。ずっとまともな食事してなくて、旅の疲れもあって、記憶の中で美化されてという背景はあるでしょうけどね。

せっかく香川に来てなんでうどんじゃないのとお思いでしょうが、お金なかったんでグルメ情報にまで興味回らず、そんな情報はまったくといっていいほど仕入れてませんでした。そしてお恥ずかしい話うどんが有名なことを当時知りませんでした。
でも適当な駅で駅うどん食べましたよ。単線の待ちあわせが長かったときかな、もうなぜかは定かでありませんけど、まず透き通ったつゆに面食らいました。
なんじゃこれ。何か忘れてないか。味すんのか。といぶかしげに一口食べたらいやあおいしいのなんの。

ただ、透き通っただしでなんで味がでるのかその後かなりの間自分の中で謎でした。白醤油というものの存在を知るまでは。めんについてはだしの驚きが大きすぎて忘れてました。
今は映画も見たし、それなりにいろいろな知識が入りましたから、食べるとまた格別なんでしょうね。
タバコも吸ってない、純粋に味わえる今、素のうどんを思いっきり食べてみたいです。

実は当時の駅うどんが忘れられず、結婚してから瀬戸内いりこを通販で買って、自分なりに讃岐うどんを再現してみたら結構うまくできましたよ。嫁さん大のお気に入りです。私ん家の味噌汁はいつもいりこだしです。
麺は忘れてたので、まったくこだわりがなく、スーパーで売ってる乾麺です。一応「讃岐」と書いてありますけど。本場の方にはちがーうって怒られそうです。
でもなんかそっちにのめりこもうとは思いませんね。最初の強烈な印象がだしの方だったからかな。

禁煙状況は変化なしです。吸いたい気分はおさまりませんねえ。こまったちゃんです。
by potely  at 16:30 |  未分類 |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

40日目 土讃線

少しはタバコの話題も。
20年ほど前、まだまだローカル線の各駅停車は車内喫煙可能でした。なので18切符での四国旅行は当然土讃線の普通列車で、しかも余裕でガラガラ(四国の人すみません)だったのでスパスパ状態でしたね。
おいしいんですよねぇ、旅列車でのたばこ。やばっ、吸いたくなってきた。

さて、香川過ぎたら次は徳島です。阿波池田到着後に大歩危小歩危経由の祖谷渓です。あれ、前のxpのときは「おおぼけこぼけ」で変換できたのに。進化してるんだかなんだかわかりませんね。
池田についてまず思ったのは池田高校。現解説者の水野元巨人軍投手で有名なところです。駅から近かったので歩いて見に行きました。ただ学校があるだけでした。なにやってんですかね。

それはおいといて、なんか大歩危小歩危の名前気に入って、バスでいったか電車で行ったかは忘れてしまいましたが、大歩危駅でいったん降りました。この駅で何するというわけではないんですけど、名前に惹かれて、どんな駅か実感したかっただけですね。駅名の素朴な看板と、なんか坂の多い(多いというのか、急だというのか)のどかな雰囲気が気に入りました。ちょっと画像検索したけど、前のままですね。懐かしいですね。
さあ、次はいよいよあのかずら橋へ向かいます。

禁煙は順調ですけど、吸いたいという精神的な要求がなかなか抜けません。2か月経てば違うのかな。丸一日タバコのことを忘れてみたいです。
とりあえずご飯食べてゆっくりしたら、ちょっと遅めの日帰り温泉行ってタバコのこと忘れてきます。
そのまま帰って爆睡かもしれないんで、本日何の応答なくても許してください。

by potely  at 18:30 |  未分類 |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

39日目

wwpowerさんとのやりとりで自分のなかの四国熱が再燃しました。とともにネタ切れ対策のためしばらくは自分の旅の遍歴でもお話させていただこうかと思ってます。突然の展開恐れ入ります。

よくあるようにダイエットにはいきません。ええそうですあまのじゃくです空気読まないやつですなんとでも言ってください。
といいつつしれっと体脂肪率が?とか言ってたりする可能性大なので、そんときはあきれてやってください。

で、まずは四国編。
2/3(36日目)のコメントと重複するところが結構あります。あしからずご了承ください。
長いっす。忙しい方は最後の一文だけご覧下さい。

私の人生初といっていい旅行が四国でした。なぜ四国だったのかといいますと、なんか行きたかったから。
特にうどんだの、うず潮だの、闘牛だのといったことに興味があってというわけではありませんでした。っていうよりそんなこと知りませんでした。入学することが目的だったアホなミーハー学生だったのでねぇ。本当世間とか、礼儀とか知りませんでした。「いまどきの若いもんは」なんて言えません。
強いて言えば四万十川見てみたかったというのはあるかな。きれいな水の川とか海見るの好きなんです。祖谷渓もきれいだったな。

まず横浜?琴平(金毘羅さんのある駅)間を青春18きっぷの普通電車乗り継ぎで約17時間かけて移動しました。
まずは深夜の電車だったので、平日だし当然空いてんだろと思ったらどっこい旅の若者たちぞろぞろで立ち状態。このまま岐阜までかよとしょっぱなからブルーになったのをよく覚えてます。
でも小田原あたりで座れたかな。当時の私は20歳くらいでしたが、4人掛けボックス席に4人で一晩中座ってるのは若くてもきつかったですね。眠れない眠れない。

大垣駅が最初の電車の終点でしたけど、着いてみてびっくり。旅のつわものたちが次の電車の席目がけて到着するなり猛ダッシュです。中には電車がとまらないうちに窓から飛び出すフライング野郎もいました。もともと田舎者でスピードについていけない私は茫然でした。

その後神戸辺りのラッシュアワーの電車の中で押し合いへしあいの無言の企業戦士達を尻目に能天気に朝食のおにぎり食べたり、初めて聞く生の関西圏の言葉に驚愕したり、できたばかりの瀬戸大橋渡るのにわくわくしたりしながら琴平に着きました。
改札のお兄さんに「横浜から!よく来たねえ」と声かけてもらってすごくうれしかったです。いいとこ来たなあと。
とここまで。最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました。お疲れ様でございます。

あ、禁煙は順調です。禁断症状のぶり返しもおさまりました。
by potely  at 12:40 |  未分類 |  comment (15)  |  trackback (0)  |  page top ↑

38日目

この前飲み会に行ったときの話ですが、久々に電車乗ったらタバコのにおいに気がついたんですよね。
ちなみに普段の私は車通勤の内勤なんでほとんど外出ありません。

電車は来ちゃったらタバコを消して乗るもの、当然中では吸えないもの、という風にタバコとは無縁の空間と思ってましたので、ちょっとした衝撃でした。喫煙者の残り香があるの当然なんですけど、喫煙者時代はわかりませんね?。嫌煙者は本当にいやなものでしょうね。ラッシュだったらくっつかなきゃならないんですもんねえ。
いやあこんなところで禁煙してるということを実感するとは。

それと、セミナー休憩時の休憩スペース。その日の会場では喫煙部屋と禁煙部屋がありまして、なぜか禁煙部屋は比較的洒落たつくりなんですよね。結構そういうところ多いですよね。
反面喫煙部屋はとってつけたような殺風景な感じ。

初めて洒落たスペースでパックのパインジュースを片手に、殺風景な狭いガラス張りの空間で煙にまみれている生き物を見ながら、なんか意味のない優越感を感じてしまいました。
禁煙初期の楽しみかもしれませんね。禁煙の楽しみ、ひとつ見つけました。
性格悪いかな?
by potely  at 22:35 |  未分類 |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

potely

Author:potely
嫁さんの好きなモノクロブーです。
最初馬鹿にしてたら、いつのまにか自分もお気に入りになってしまってました。
でも車には乗せない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。